南アフリカをドライブ旅行した時の日記 その1


 ずいぶん昔の話ですが、2001年に同僚と二人で車を運転して南アフリカとレソトに旅行に行ったときの日記が出てきました。もしかしたら何かの参考になるかもしれませんので、載せたいと思います。

7月29日(日)
 朝、8時ごろ起床。旅に出かける準備をする。旅と言っても一週間程度車で南アの東側を一周するというものであったから足りないものがあれば途中で買えばいい。一週間分の下着とタオル、洗顔セット、カメラ、ガイドブック等を無造作にかばんに放り込み、Kさんを迎えに出かける。Kさんはもうすでに出発する準備をすませて待っていた。荷物を積み込み9時半ごろ出発。
 旅の旅程はまったく立てていない。とりあえず南に向かって車を走らせる。地図で見るとブルーム・フォンテインという大きな街があるらしいということでとりあえずそこへ向かう。昼頃ブルーム・フォンテインに到着。とりあえず目に付いたイタリアンレストランに入り食事をする。ウェイターにこの街に何か見るべきものがあるかどうか尋ねたが、何もないと言う。日曜日でいろんなものがみんな閉まっているというのもあったのだろうが、街には何もないように思われたので、食事を済ませた後、レソト王国の首都であるマセルに向かうことにした。昼食後、運転をKさんにバトンタッチした。
 ブルーム・フォンテインを遠ざかるにつれて道がだんだん悪くなっていく。高速なのに中央分離帯がなくなり、そしていつのまにか一車線になってしまう。そんな道をお互い140キロを越えるスピードで走っているのだから最初はかなりびびった。そうこうするうちに夕方、国境手前の乗合タクシー乗り場が見えてきた。Kさんは運転免許証を忘れてきてしまったのでそれが見つかって面倒なことになると困るのでそこで運転を交代した。駐車場に車を止め、国境を越える手続きをする。陸の国境越えは今までも何回か経験しているが、空港などで受ける入国審査などよりも緊張感が感じられないのはなぜだろうか?今回も難なく入国することができた。
 車に乗り込み、街に入っていく。ホテルを探して町をうろうろしていたが、結局「地球の歩き方」に載っているランサーズインというホテルに決めた。ホテルも決まり、落ち着いたところで町歩きに出かけた。時計を持っていなかったから時間は定かではないが、だいぶと暗くなっていたので6時ごろだと思う。もう、何もないようなのでとりあえずホテルに帰る。夕食はマセル・サン・インターコンチネンタルで食べようということになり、車で向かうが、ガイドブックに載っている地図で行けそうな道はすべて工事中で行き止まりだった。小高い丘の上にあるので、ある場所は分かるのだがそれに向かう道が見つけられない。もどかしいと思いながらホテルに戻り、セキュリティーのお兄ちゃんに聞くと車に乗り込み、道案内をしてくれた。兄ちゃんをホテルに送り届け、チップを5ランド渡し、また先ほどの道を戻った。マセル・インターコンチには中華料理屋があったのでそこで食事をすることにした。客に多くの中国系の人が居たところを見るとマセルでも中国系の人たちはかなりの力を持っているようであった。食事を終えて同じホテルにあるカジノに向かう。夜のマセルではカジノぐらいしかやることがなさそうだったからである。スロットを少しやったがぜんぜんだめなのであきらめてKさんのところへ行くともうすでに4000ランド(6万円)ぐらい勝っていた。さらに見ているとスロットから出てきたコインを少し分けてくれ、「これでなんかやってき」というのでそれを現金化し、120ランドを握り締めルーレットの台に行った。100ランド分のチップを買い、赤・黒などの2倍・3倍の物に賭けている300ランドになったのでカラーに代え、数のところにかけていくとこれが面白いようにあたる。結局1500ランド(2万円強)になった。結局その後、大きな賭けにでて300ランド程度の勝ちであったが、十分に楽しませてもらった。11時ごろホテルに戻り、寝た。

スポンサードリンク


posted by なる at | 南アフリカ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154733811
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
太陽発電
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。